2017年4月1日

川越デート with ばあちゃんw

TVで特集をやっていたのを見たばあちゃんに「行きたい!連れてって!!」と言われて、やってきました小江戸川越。

ところが、あいにくの雨模様。
川越は地元に近いのでばあちゃんも初めてという訳ではないし、無理して定番の街歩きはせずに、屋根のあるところを回る「雨の日プログラム」でのんびりぶらぶら行くことにしました。

まずは川越市立博物館で川越の歴史のお勉強。


博物館の常設展示室は、入ると真正面に江戸時代の川越のジオラマがどーん!と出迎えてくれます。

このジオラマを見るだけでも楽しいのですが、1日に数回決まった時間にガイドの方が案内してくださるので、今回はそれをお聞きすることに。


川越は関東平野のど真ん中。荒川と入間川の合流点に位置する地理的な要衝で、室町時代に扇谷上杉氏の家宰・太田道灌によって河越城が築かれ、上杉氏、ついで後北条氏の拠点となりました。

また、江戸時代に置かれた川越藩は江戸幕府の北の守りとして、酒井忠勝・堀田正盛・松平信綱・柳沢吉保など大老・老中クラスの重臣や御家門の越前松平家が配されるなど、武蔵国一の大藩としての格式を誇りました。

これが、ジオラマの江戸時代の川越城。
寛永16年(1639年)に藩主となった松平信綱により大幅な拡張・整備が行われて、本丸、二の丸、三の丸等の各曲輪、四つの櫓、十二の門からなる近世城郭の形態が整えられました。


そして、木々の緑で四角く囲われているのが、徳川家の尊崇が厚かった天海僧正が慶長4年(1599年)に住職として入寺した喜多院。
なので、天海僧正の像がジオラマの喜多院をじっと見守っています♪

明治維新を迎えると川越城も廃城令により多くの建物が解体され、現在城址の大部分が市街地となっていますが、嘉永元年(1848年)に立てられた本丸御殿の一部が川越市立博物館の向かいに残っています。


これが川越城本丸御殿の大玄関です。
車寄せの上の豪壮な大唐破風に金色の葵紋が燦然と光っています☆


往時は全部で16棟、1025坪の規模をもっていた本丸御殿ですが、現在では玄関・大広間部分と家老詰所のみ。ただし本丸御殿大広間は川越城のほかには高知城にしか現存しておらず、全国的に見ても貴重な遺構なのだそうです。


その玄関と大広間の部分は、その後入間県の県庁や入間郡公会所、煙草専売局淀橋支局川越分工場へと転用され、昭和8年(1933年)には川越武道奨励会の修練道場となり、名称も初雁武徳殿に変更(玄関の前に石碑があります)、戦後は川越市立第二中学校(現在の初雁中学校)の校舎や屋内運動場と使用されていたそうです。

・・・というわけで、大広間にてひょいっと天井を見上げると、たくさんのバレーボールの跡!

受付の方々にお聞きすると、それは昭和22年~23年ごろのことだそうで、「その頃にはまさか後年この建物が保存の対象になって、このように展示されるなんて夢にも思ってなかったんだと思いますよ」とのことでした。

しかし、わざとぶつけたんじゃないかと思うくらいにくっきりとついたボールの跡を、隠したり塗りなおしたりせずにそのまま展示しているのは、これもこの御殿の「歴史」であるから、ということなんでしょうね。きっと。


さて、川越といえば・・・さつまいも!

江戸時代、武蔵野の開墾地ではさつまいもの栽培が盛んになりましたが、特に寛政年間に焼き芋が江戸で大流行すると、新河岸川や入間川の舟運で江戸に出回ったさつまいもは「川越芋」と呼ばれ「栗よりうまい十三里」というフレーズにより「川越=芋の町」のイメージが定着したとのこと。



という訳で、やってきました川越 いも膳!
すべての料理がさつまいもだという名物郷土料理「いも懐石」で有名なお店です。

今回はいも懐石ではないですが、やはり「さつまいも尽くし」が楽しめる箱弁当「いも点心」をいただくことにしました。

まずは川越のさつまいも「べにあか」のお茶と甘納豆。


お茶はおいもを乾燥させて粉にして作るのだそうですが、おいもの甘い香りがふわぁ~っと広がります(*^^*)

次に、おいもの木の芽和えと、ヒカドという椀物。


木の芽和えはつくしが乗っていて、いかにも春らしい感じです。
椀物にはすりおろしたさつまいもが入っていて、さいの目に切った野菜の中にもおいもがころん☆

その次には、いよいよ箱膳です。


左側は定番、おいもの天ぷら。
真ん中は、薄焼き卵でくるんだうなぎご飯の中においもがころころ入っていて、意表をつきます。

そして右側のお蕎麦は、なんとそば粉ではなくさつまいもの粉を練って作ってあるそうな!
確かにお蕎麦の香りはありませんが、普通の麺といってもまったくわからない感じです☆


おいものデザートまでぺろっといただいて、おいも料理に満足満足・・・(^^)
雨の日の川越をしっかり堪能した半日でした♪


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したならクリックよろしくです!

2017年3月20日

ついでに酒蔵見学☆

毎年お彼岸の中日は、菩提寺にてお彼岸の法要です。


春らしいうららかな陽気のお天気で、今回もいい法要になりました♪


ちょっと早めにお寺さんについて、お墓の掃除が終わったらちょっとヒマになったので、お寺の周りをぷらっと散策。


お寺の周りは杉が多いと思ってたんですが、いつの間にかだいぶ伐採が進んできていて、だいぶ小ざっぱりとしてきています。

それにつれて、お花も増えてきました。
桜にたんぽぽ。いつの間にか春も進んでいるんだなぁ・・・


さて、法要とお墓参りが終わったら、これまた恒例のお食事会。
ちょうど梅が満開なので、吉野梅郷を通りながら御岳渓谷の「とうふ遊び 豆らく」へ。

このお店は澤乃井(小沢酒造)直営の自家製豆腐ゆば会席「ままごと屋」の姉妹店で、美味しいと評判の「ままごと屋」の豆腐料理を気軽にいただくことができます。


今回は「二色のざる豆富膳」。おぼろ豆腐とグリンピース豆腐に、もろみ味噌と紅塩梅がよく合ってて美味しい~!
他の小鉢も卯の花炒りや厚揚げのふき味噌のせ、大豆のお肉などお豆腐づくし☆


お店の窓からは酒蔵の経営する庭園「澤乃井園」や、その向こうの多摩川の渓谷と楓橋、寒山寺のお堂などが一望できます。
庭園の桜がまだ咲いていないのが残念。。。


お食事が終わったら、今度は「澤ノ井園」から道路を渡った反対側にある、澤乃井を作っている蔵元の酒蔵見学です。

見学前の控え室になっている「酒々小屋」で酒米の種類や精米度合い(とお値段との関係。笑)などなど、お酒造りについてさくっとわかりやすい(しかもユーモアのある)ご説明を受けてから蔵の中へ。


蔵の扉の上には神棚がお祀りされています。
澤乃井では、毎年地元青梅の御嶽山にある武蔵御嶽神社の神主さんにお祓いをしていただいて、酒造りを始めたり新酒を絞ったりなどの作業を行うのだそうです。

また、お酒の神様としては京都の松尾神社が「酒造第一祖神」なのだそうで、東京でも府中の大國魂神社の境内末社に勘定されていて、東京の各蔵元がお酒を奉納しているのだとか(澤乃井のある青梅も東京都です)。
そういえば、大國魂神社に初詣に行ったら大きな菰樽がいっぱい積まれてたっけ☆

神棚の下の大きな扉を開けると、中はひんやり。
しかも、案内をしてくださった酒造会社の方が「全員中に入ったら、最後の人はすぐに扉を閉めてください」とのこと。

説明を受けた「酒々小屋」はお客様に合わせて部屋を暖めてますが、蔵の中ではお客様より「お酒様」が大事(!)なので、もろみの発酵に合わせた温度(一般には6℃~15℃の間)に保つようにしてるのだそうです。

だから、蔵自体も温度を低めに保ちやすい昔ながらの天井が高い作りの建物。
階段の写真は明治時代からの蔵で、階段が急なのは蒸した酒米が少しでも冷めないうちに登るのに適した作りにしたらこうなった・・・とか。

また、タンクの置いてあった部屋は、なんと慶長15年(1702年)から建っているとのことで、めちゃびっくり!



蔵の通路の一つがお酒のセラーになっていて、壁の棚に瓶がずらり!
これは3年越しの古酒なのだそうで、純米や吟醸など年ごと種類ごとに瓶詰めされたお酒(それも原酒)が貯蔵されています。

透明な瓶の中味は、年数を経たものほど琥珀色。味の方はどのように熟成されるのかな・・・



最後に蔵から一度外にでて、仕込み水の井戸を見せていただきました。
澤乃井のお酒は、170年前に蔵の裏山に掘られた横井戸「蔵の井戸」から湧き出る中硬水と、「場所はあかせませんが」多摩川対岸の山の中にある「山の井戸」の軟水で仕込まれているのだそうです。

兵庫県の灘のようにミネラル分の多い硬水で作られるとしっかりとこくのある重いお酒、京都伏見のように軟水だとやわらかくなめらかで軽いお酒になります。そういえば「灘の男酒、伏見の女酒」ともいいますよね。
澤乃井では、その両方のタイプのお水をブレンドして使っているということのようです。



そしてミネラルもですが、仕込み水に大事なのが「いかに鉄分のない水か」なのだとか。
鉄分が入ってしまうと、錆が入ってしまうのと同じでお酒に雑味が出てしまい、色や味わいを悪くしてしまうとのこと。

注連縄の張られた横穴の入口を入って100mほど。ガラスでしっかり外界と区切られた先に湧水がありました。
この水は「澤乃井園」の方にも引かれていて、実際に飲むことができます。

試しに飲んでみましたが、確かに雑味がなくあっさりとした味☆



見学を終わって「酒々小屋」に戻ると、見学者には利き酒をさせてくれます。
今回の利き酒は春限定の「澤乃井本醸造 花見新酒」。ちょっぴりふわっと華やかさのある、でもさらりと飲めちゃうお酒でした。


先祖様や亡き人を偲びつつも、美味しいものをいっぱいいただいて、のんびりまったりシアワセな一日でした♪


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したならクリックよろしくです!

2017年1月30日

寒川神社

今年は年始めからなぜか、武蔵総社の大國魂神社、伊豆国総社だったともいわれる伊豆国一之宮の三嶋大社、と図らずも各令制国の中心的なお宮参りづいてるな~と思っていたら、なんと相模国一之宮寒川神社の近くでの所用が勃発☆
これは・・・なんとか時間を作ってお参りするっきゃありませんね~!
というわけで、JR東海道線茅ヶ崎駅から乗り換えて、初めてのJR相模線で3駅。
最寄りの宮山駅には大きく「寒川神社 下車駅」と書かれた看板が掲げられています。
  

駅自体はちっちゃな無人駅なのですが、さすがに最寄り駅のせいか、寒川神社に参拝するとみられるお客さんがぞろぞろと降りていきます。

ワタシも三々五々とばらばらに歩いて行く人たちの後にくっついて、のんびりのこのこ5~10分ほど歩いて行くと、やがて神社の鳥居と太鼓橋が見えてきました。

寒川神社の三の鳥居と神池橋です。
一応、神様がお渡りになる橋ということで脇に迂回路があるのですが、実は思い切り普通に渡れます(^o^;)
三の鳥居を潜ると、古社らしく両側に鬱蒼とした大木が茂る中を、参道がまっすぐ奥へとつづき・・・
やがて左手に手水舎が見えてくると、木々が開けた広場の先に神門が現れます。
・・・普通の門と違って、門になにか飾られている?
  
これは迎春ねぶた。2001年から、新春の約1ヶ月間のみ神話にちなんだねぶたが飾られるようになり、今年は「因幡の白うさぎ」。夜にはライトアップもされているのだそうです。

それにしても、なんでねぶたなんだろうなぁ(笑)
いよいよ神門を潜って中に入ると・・・思ったより広い! そして思ったより本殿大きい!
お参りしてる人がめちゃ小さく見えます☆


それもそのはず。この記事の始めにも書いたとおり、寒川神社は相模国一之宮。

寒川神社が鎮座しているのは相模湾から7kmほど遡った低台地上。
古代にはすぐそばまで相模湾が入り込んでいて、神社から8km上流の海老名市国分あたりに相模国分寺があったという場所です。

境内の案内板によれば、今から1600年前の雄略天皇の時代に奉幣されたとのことで、「延喜式神名帳」にも「相模国高座郡 寒川神社 名神大」と記載され、名神大社に列しているのだそうです。

また、鎌倉時代の「吾妻鏡」にも「一宮佐河大神」と記載があって相模国の一之宮とされていたようですし、源頼朝から神馬の奉納があったり後北条氏や徳川幕府から社領を認められたりと、相模を支配した武将からの尊崇が篤かったようです。

特に武田信玄が行軍中に参拝して、自身の纏っていた兜と太刀を奉納したと伝えられていて、その兜が神奈川県重要文化財に指定されて、神社内の資料館に展示されているとのことで、めっちゃびっくり!!

資料館は神社のさらに奥の「神嶽山神苑」の中にあるので、今回寄っている時間がありませんでした・・・残念(TT)

せめて古の武将たちに習ってしっかりお参りして・・・
戻ろうと思って東回廊側を振り向くと、なんじゃこりゃ?

実は寒川神社は、古くから全国唯一の八方除の守護神として信仰されているのだそうです。

八方除というのは、地相・家相・方位・日柄等から起こる、つまり方位神による、あらゆる災いを取り除くご祈願のこと。

で、この写真に写ってるのはその八方除にちなむ方位盤・方位を司る四神の彫塑・天体の運行を測定する渾天儀(こんてんぎ)を組み合わせた記念碑だということです。
なるほどなるほど。

ということで、今度は御朱印をいただきに大きな社務所の隣の小さな納札所へ。


これが寒川神社の御朱印。金字の「八方除」の文字と青い「ハマゴウ」という植物の絵が入って、「御朱印について」の説明書きとともに、とてもカラフルです♪
そして、納札所のそばの南門から外に出るのですが、この南門、平成5年(1993年)に今の神門が竣工される前の、元の神門を移築した物だそうです。
今の神門に比べると、かなりコンパクトかも。


南門の外には数件の売店。さっそく甘酒を買って丸木のベンチでひと休み。
ふぅ~、いいお参りができました♪ って、本来の目的の用事を忘れないようにしなくちゃ!(^^;)


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したならクリックよろしくです!