2017年5月6日

称名寺@金沢文庫

3月に引っ越しを手伝ったんですが、新居が落ち着いたからということで八景島近くまで訪問することに♪

その引っ越しのときには、図らずも鎌倉古道を見つけたんですが(その時の記事はコチラ)、今回もちょっとだけ鎌倉幕府に関連して・・・せっかく八景島近くまで埼玉から遠征してきたので、ほど近くにある執権北条氏にゆかりの称名寺に行ってみることにしました。




称名寺は鎌倉の東の境界にあたる六浦にあります。

鎌倉時代の六浦は現在の海岸線よりもかなり内陸に海が入り込んでおり、鎌倉中心部とは六浦道(朝比奈切通・地図のオレンジ線)で連絡していて地の利も良かったので、鎌倉幕府の諸物資の揚陸地として鎌倉幕府や鎌倉の消費を支える外港として栄えていたようです。




称名寺はこの六浦を所領としていた鎌倉執権北条氏の一族・金沢北条氏の祖、北条実時(鎌倉幕府2代執権北条義時の5男実泰の子)により、海からほど近かったであろう高台に開基されました。

称名寺の南側にある薬王寺の墓地あたりから見ると、すとーんと土地が下がっていることがよくわかります。



称名寺周辺を地形図で見てみても、古い時代には海岸線であっただろう段差がよく見て取れます(地図のオレンジ線部分)し、実際に歩くと各所に海蝕崖と思われる崖があちこちに見られます。





称名寺の赤門の脇がこんもりと盛り上がっていて、土塁みたいだな~☆とちょっと気になっていたら、どうもそのあたりに貝塚があるらしい!(地図の赤丸部分)


貝塚は縄文時代後期のものらしく、縄文式土器やイルカの骨なども多く確認されているとのことです。

そして思ったよりこじんまりとした明和8年(1771年)建立の称名寺の赤門。


鎌倉時代には金沢北条氏の菩提寺として発展したお寺だけあって、門にはしっかり北条三つ鱗門!

赤門をくぐると、奥に向かってまっすぐ伸びる参道。緑が涼しげ♪


参道脇には、甘味処や喫茶店などとともに、横浜市指定有形文化財の称名寺塔頭光明院表門が建ってます。

この表門は小規模な四脚門ですが、寛文5年(1665年)に作られた切妻造茅葺の渋いたたずまいです。


参道をそのまま進むと、やがて文政元年(1818年)復興の仁王門が見えてきます。

門のそばにいらしたボランティアガイドさんによると、金沢北条氏初代の実時の時に六浦荘金沢の居館内に持仏堂として建てられ、2代顕時、3代貞顕の代に伽藍や庭園が整備されたものの、鎌倉幕府滅亡とともに金沢北条氏も滅びたため、お寺も荒廃してしまい、江戸時代になってから大幅な復興が行われて、この仁王門もその際に再建されたようです。


この仁王門の脇の柱には象の顔の飾りがついているんですが、ボランティアガイドさんによれば、真ん中の飾りだけは象ではなくて獏なんだそう。それは「耳の部分で見分ける」とか。

たしかに角の柱の象さんにはついている耳が、真ん中のにはついてない・・・!
そんなこと、言われなくちゃ(言われても)わかりませんよね~☆
ちなみに、その示すところの意味については、ガイドさんも「わからない」とのことでした(^o^;)


仁王門を抜けると、広大な庭園苑池と池にかかる反橋が目に飛び込んできます。
そのたたずまいから古くからある橋なのかと思ったら、平成19年(2007年)に架け換えられた、つまり10年しかたっていないものだとか。

なんでもこの庭園は、発掘調査の成果と重要文化財「称名寺絵図」に基づいて、10年の年月をかけて鎌倉時代の造営当初の姿に復原した浄土式庭園(浄土曼荼羅に基づいて配置された庭園)なのだそうです。


苑池を挟んで彼岸と此岸と位置づけて、橋を渡って浄土へ渡る配置になっているのだそうです。浄土である苑池の向こう側には金堂、鐘楼と釈迦堂が見えます。

文久2年(1862年)建立の釈迦堂の屋根にも北条三つ鱗紋。
鐘楼の梵鐘は、「金沢八景」の1つ「称名の晩鐘」として歌川広重の浮世絵にも描かれた名鐘。「文永己巳仲冬七日」の旧銘と「正安辛丑仲和九日」の改鋳銘がありますが、初代実時が文永6年(1269年)に鋳造させた鐘が地震によって壊れたため、正安3年(1301年)に2代顕時によって改鋳されたものなのだそうです。


そして天和元年(1681年)建立の金堂。ご本尊は重要文化財の木造弥勒菩薩立像です。
よく見ると、屋根の軒丸瓦の模様が全部三つ鱗!


金堂にお参りした後、庫院にて御朱印をいただきました♪
ご本尊を示す「弥勒」の下の文字がどうにも読めない・・・(^^;)

称名寺は金沢北条氏の菩提寺ということで、庫院左手方向の山陰に2代顕時・3代貞顕の墓所がありました。


2代顕時は初代実時の子で、鎌倉幕府の重職であった引付集や評定衆などを歴任しています。

また、3代貞顕は顕時の子で、六波羅探題を勤めたのち第15代執権となり、新田義貞の鎌倉攻めの際に北条高時および北条氏一族とともに鎌倉東勝寺で滅んでいます。

墓所の西側の山肌に小さなトンネルが掘られています。
なんだろう?と行ってみると、くぐった先にあるのは神奈川県立金沢文庫。称名寺に伝来した工芸品や古文書などを収蔵する博物館です。


この県立金沢文庫の建つあたりは「文庫ヶ谷」と呼ばれていて、もとは金沢北条氏3代によって収集された和漢の貴重書を収めた書庫である中世の金沢文庫が建っていたところと推定されています。

中世の金沢文庫は鎌倉幕府滅亡によって称名寺が管理を引き継ぐこととなりましたが、蔵書の大半は室町幕府、上杉氏、小田原北条氏、豊臣秀次、徳川家康、加賀前田家など、歴代の権力者によって外に持ち出されてしまったとのことです。


しかし、現代のトンネルのそばに「称名寺絵図」にも一致する「中世の隋道」が残っていて、発掘調査ではこの隧道に続く中世の道路も検出されているそうです。
ただし、入れないように厳重に柵で封鎖されてますが・・・☆


本来の称名寺の寺域は、初代実時の墓所が日向山の方にあるなど、背後の丘陵まで含めた広大なもの(おそらく写真内の図の「史跡指定範囲」)だったと思われ、とても回りきれませんでしたが、赤門から仁王門、庭園の周囲などを回っただけでも、思いもよらず中世が復元されていて、鎌倉の外側なのに鎌倉幕府の跡が色濃く残っていたことにびっくりした散策でありました。


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したなら、クリックよろしくです!

2017年4月1日

川越デート with ばあちゃんw

TVで特集をやっていたのを見たばあちゃんに「行きたい!連れてって!!」と言われて、やってきました小江戸川越。

ところが、あいにくの雨模様。
川越は地元に近いのでばあちゃんも初めてという訳ではないし、無理して定番の街歩きはせずに、屋根のあるところを回る「雨の日プログラム」でのんびりぶらぶら行くことにしました。

まずは川越市立博物館で川越の歴史のお勉強。


博物館の常設展示室は、入ると真正面に江戸時代の川越のジオラマがどーん!と出迎えてくれます。

このジオラマを見るだけでも楽しいのですが、1日に数回決まった時間にガイドの方が案内してくださるので、今回はそれをお聞きすることに。


川越は関東平野のど真ん中。荒川と入間川の合流点に位置する地理的な要衝で、室町時代に扇谷上杉氏の家宰・太田道灌によって河越城が築かれ、上杉氏、ついで後北条氏の拠点となりました。

また、江戸時代に置かれた川越藩は江戸幕府の北の守りとして、酒井忠勝・堀田正盛・松平信綱・柳沢吉保など大老・老中クラスの重臣や御家門の越前松平家が配されるなど、武蔵国一の大藩としての格式を誇りました。

これが、ジオラマの江戸時代の川越城。
寛永16年(1639年)に藩主となった松平信綱により大幅な拡張・整備が行われて、本丸、二の丸、三の丸等の各曲輪、四つの櫓、十二の門からなる近世城郭の形態が整えられました。


そして、木々の緑で四角く囲われているのが、徳川家の尊崇が厚かった天海僧正が慶長4年(1599年)に住職として入寺した喜多院。
なので、天海僧正の像がジオラマの喜多院をじっと見守っています♪

明治維新を迎えると川越城も廃城令により多くの建物が解体され、現在城址の大部分が市街地となっていますが、嘉永元年(1848年)に立てられた本丸御殿の一部が川越市立博物館の向かいに残っています。


これが川越城本丸御殿の大玄関です。
車寄せの上の豪壮な大唐破風に金色の葵紋が燦然と光っています☆


往時は全部で16棟、1025坪の規模をもっていた本丸御殿ですが、現在では玄関・大広間部分と家老詰所のみ。ただし本丸御殿大広間は川越城のほかには高知城にしか現存しておらず、全国的に見ても貴重な遺構なのだそうです。


その玄関と大広間の部分は、その後入間県の県庁や入間郡公会所、煙草専売局淀橋支局川越分工場へと転用され、昭和8年(1933年)には川越武道奨励会の修練道場となり、名称も初雁武徳殿に変更(玄関の前に石碑があります)、戦後は川越市立第二中学校(現在の初雁中学校)の校舎や屋内運動場と使用されていたそうです。

・・・というわけで、大広間にてひょいっと天井を見上げると、たくさんのバレーボールの跡!

受付の方々にお聞きすると、それは昭和22年~23年ごろのことだそうで、「その頃にはまさか後年この建物が保存の対象になって、このように展示されるなんて夢にも思ってなかったんだと思いますよ」とのことでした。

しかし、わざとぶつけたんじゃないかと思うくらいにくっきりとついたボールの跡を、隠したり塗りなおしたりせずにそのまま展示しているのは、これもこの御殿の「歴史」であるから、ということなんでしょうね。きっと。


さて、川越といえば・・・さつまいも!

江戸時代、武蔵野の開墾地ではさつまいもの栽培が盛んになりましたが、特に寛政年間に焼き芋が江戸で大流行すると、新河岸川や入間川の舟運で江戸に出回ったさつまいもは「川越芋」と呼ばれ「栗よりうまい十三里」というフレーズにより「川越=芋の町」のイメージが定着したとのこと。



という訳で、やってきました川越 いも膳!
すべての料理がさつまいもだという名物郷土料理「いも懐石」で有名なお店です。

今回はいも懐石ではないですが、やはり「さつまいも尽くし」が楽しめる箱弁当「いも点心」をいただくことにしました。

まずは川越のさつまいも「べにあか」のお茶と甘納豆。


お茶はおいもを乾燥させて粉にして作るのだそうですが、おいもの甘い香りがふわぁ~っと広がります(*^^*)

次に、おいもの木の芽和えと、ヒカドという椀物。


木の芽和えはつくしが乗っていて、いかにも春らしい感じです。
椀物にはすりおろしたさつまいもが入っていて、さいの目に切った野菜の中にもおいもがころん☆

その次には、いよいよ箱膳です。


左側は定番、おいもの天ぷら。
真ん中は、薄焼き卵でくるんだうなぎご飯の中においもがころころ入っていて、意表をつきます。

そして右側のお蕎麦は、なんとそば粉ではなくさつまいもの粉を練って作ってあるそうな!
確かにお蕎麦の香りはありませんが、普通の麺といってもまったくわからない感じです☆


おいものデザートまでぺろっといただいて、おいも料理に満足満足・・・(^^)
雨の日の川越をしっかり堪能した半日でした♪


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したならクリックよろしくです!

2017年3月20日

ついでに酒蔵見学☆

毎年お彼岸の中日は、菩提寺にてお彼岸の法要です。


春らしいうららかな陽気のお天気で、今回もいい法要になりました♪


ちょっと早めにお寺さんについて、お墓の掃除が終わったらちょっとヒマになったので、お寺の周りをぷらっと散策。


お寺の周りは杉が多いと思ってたんですが、いつの間にかだいぶ伐採が進んできていて、だいぶ小ざっぱりとしてきています。

それにつれて、お花も増えてきました。
桜にたんぽぽ。いつの間にか春も進んでいるんだなぁ・・・


さて、法要とお墓参りが終わったら、これまた恒例のお食事会。
ちょうど梅が満開なので、吉野梅郷を通りながら御岳渓谷の「とうふ遊び 豆らく」へ。

このお店は澤乃井(小沢酒造)直営の自家製豆腐ゆば会席「ままごと屋」の姉妹店で、美味しいと評判の「ままごと屋」の豆腐料理を気軽にいただくことができます。


今回は「二色のざる豆富膳」。おぼろ豆腐とグリンピース豆腐に、もろみ味噌と紅塩梅がよく合ってて美味しい~!
他の小鉢も卯の花炒りや厚揚げのふき味噌のせ、大豆のお肉などお豆腐づくし☆


お店の窓からは酒蔵の経営する庭園「澤乃井園」や、その向こうの多摩川の渓谷と楓橋、寒山寺のお堂などが一望できます。
庭園の桜がまだ咲いていないのが残念。。。


お食事が終わったら、今度は「澤ノ井園」から道路を渡った反対側にある、澤乃井を作っている蔵元の酒蔵見学です。

見学前の控え室になっている「酒々小屋」で酒米の種類や精米度合い(とお値段との関係。笑)などなど、お酒造りについてさくっとわかりやすい(しかもユーモアのある)ご説明を受けてから蔵の中へ。


蔵の扉の上には神棚がお祀りされています。
澤乃井では、毎年地元青梅の御嶽山にある武蔵御嶽神社の神主さんにお祓いをしていただいて、酒造りを始めたり新酒を絞ったりなどの作業を行うのだそうです。

また、お酒の神様としては京都の松尾神社が「酒造第一祖神」なのだそうで、東京でも府中の大國魂神社の境内末社に勘定されていて、東京の各蔵元がお酒を奉納しているのだとか(澤乃井のある青梅も東京都です)。
そういえば、大國魂神社に初詣に行ったら大きな菰樽がいっぱい積まれてたっけ☆

神棚の下の大きな扉を開けると、中はひんやり。
しかも、案内をしてくださった酒造会社の方が「全員中に入ったら、最後の人はすぐに扉を閉めてください」とのこと。

説明を受けた「酒々小屋」はお客様に合わせて部屋を暖めてますが、蔵の中ではお客様より「お酒様」が大事(!)なので、もろみの発酵に合わせた温度(一般には6℃~15℃の間)に保つようにしてるのだそうです。

だから、蔵自体も温度を低めに保ちやすい昔ながらの天井が高い作りの建物。
階段の写真は明治時代からの蔵で、階段が急なのは蒸した酒米が少しでも冷めないうちに登るのに適した作りにしたらこうなった・・・とか。

また、タンクの置いてあった部屋は、なんと慶長15年(1702年)から建っているとのことで、めちゃびっくり!



蔵の通路の一つがお酒のセラーになっていて、壁の棚に瓶がずらり!
これは3年越しの古酒なのだそうで、純米や吟醸など年ごと種類ごとに瓶詰めされたお酒(それも原酒)が貯蔵されています。

透明な瓶の中味は、年数を経たものほど琥珀色。味の方はどのように熟成されるのかな・・・



最後に蔵から一度外にでて、仕込み水の井戸を見せていただきました。
澤乃井のお酒は、170年前に蔵の裏山に掘られた横井戸「蔵の井戸」から湧き出る中硬水と、「場所はあかせませんが」多摩川対岸の山の中にある「山の井戸」の軟水で仕込まれているのだそうです。

兵庫県の灘のようにミネラル分の多い硬水で作られるとしっかりとこくのある重いお酒、京都伏見のように軟水だとやわらかくなめらかで軽いお酒になります。そういえば「灘の男酒、伏見の女酒」ともいいますよね。
澤乃井では、その両方のタイプのお水をブレンドして使っているということのようです。



そしてミネラルもですが、仕込み水に大事なのが「いかに鉄分のない水か」なのだとか。
鉄分が入ってしまうと、錆が入ってしまうのと同じでお酒に雑味が出てしまい、色や味わいを悪くしてしまうとのこと。

注連縄の張られた横穴の入口を入って100mほど。ガラスでしっかり外界と区切られた先に湧水がありました。
この水は「澤乃井園」の方にも引かれていて、実際に飲むことができます。

試しに飲んでみましたが、確かに雑味がなくあっさりとした味☆



見学を終わって「酒々小屋」に戻ると、見学者には利き酒をさせてくれます。
今回の利き酒は春限定の「澤乃井本醸造 花見新酒」。ちょっぴりふわっと華やかさのある、でもさらりと飲めちゃうお酒でした。


先祖様や亡き人を偲びつつも、美味しいものをいっぱいいただいて、のんびりまったりシアワセな一日でした♪


にほんブログ村 旅行ブログ 関東お出かけスポットへ
にほんブログ村 ← お気に召したならクリックよろしくです!